スタッフブログ
2018/12/25

インフルエンザに新薬

こんにちは。

残念ながらインフルエンザにかかってしまったクリスマスです。

病院へ行くと今年承認されたばかりの新薬『ゾフルーザ』を処方してもらいました。

 

インフルエンザウイルスは、鼻や喉の粘膜細胞に入り込みます。

細胞の中で増殖した後は、外に出て隣の細胞に次々と入り込んで増えていき、24時間で

100万倍に増えるといわれています。

 

ゾフルーザは、細胞内でのウイルスそのものが増えないようにする働きがあるそうです。

そのため薬の服用は、タミフルが1日2回、5日間の服用が必要なのに対し、ゾフルーザは

錠剤を1回飲むことで良く、利便性が高く、飲み忘れるといったことも無くなります。

服用量は体重によって違いますが、体重が10kg以上なら子供でも飲めるとのこと。

また、季節性インフルエンザAとインフルエンザBの両方で使えるので、これから新薬を

希望される方が増えると思います。